<   2005年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 31日

小鳥はむずかしい・・・

c0075127_10554065.jpg
c0075127_10555297.jpg

ニコンD2H AFVR70~200mmf2.8 + 2倍テレコン

我が家の庭にやってくるメジロである。木の枝にりんごを刺しておくと食べに来る。
ほかにも、ヒヨドリ、ムクなどが大挙してやってきて、争奪戦である。
メジロはツガイでやってくるのだが、警戒心が強く、結構距離を置かないと、
なかなかやってきてくれない。これから桜の季節、花とメジロがからんだ、
なんだか花札のような写真を狙ってみるか。
しかし、ニコンのAF、小鳥の飛び系の写真にはテンでついていけない。ようは、
絞り込んで、置ピンで、ISO上げてシャッタースピード稼いで撮れってことになる
んだけど、D2Hは高感度ノイズに弱いし・・・・D70じゃ役不足だし・・・・
キャノンの45点測距なら、ズババッっと合うんだろうか?
[PR]

by spank5 | 2005-03-31 11:10 | 写真
2005年 03月 30日

D70s、D50のマニュアル流出?

「満開のマンサク」
c0075127_9333184.jpg
c0075127_9335543.jpg

ニコンD2H  AFVR70~200mmf2.8  AFマクロ105mmf2.8

とかくうわさになっている、ニコンの新機種、どうもニコンアジアのサイトからマニュアルが
流出した模様なのだが、アクセスできず、詳細不明。いきなり消されたか?
謀サイトでは、この新機種のうわさで荒れ々となってしまい、週末はすごいことになっていたが、
顔の見えないインターネット、本当に言葉は暴力であることを再確認した。
しかし、ニコンの戦略には少々疑問である。今月早々D70のキャッシュバックキャンペーンを
初め、今週初めなど、オフィシャルサイトでのD70の販売終了の情報をWEBショップでちょろ
っと流し、あと音さだなし。
KISSDnが出たもんだから、ニコンもって色めき立つのは心情であるが、
このようなはっきりしないやり方は、返って気をもんだユーザーに嫌気をさされてしまうの
ではないだろうか。
それとも、発表できない理由でも?
まあ、私としては必要ないので静観してるんだけどね。
4月1日「うそ」の日が楽しみである。
[PR]

by spank5 | 2005-03-30 09:45 | デジカメ
2005年 03月 29日

里山の福寿草(広角マクロについて)

c0075127_8281491.jpg
c0075127_8283342.jpg

ニコンD70 シグマ12~24mm

近頃、練習というか面白がっている撮り方が、巷でよく言われる広角を使ったマクロ撮影。
昔は、12mmなどという超広角レンズは、大口径望遠レンズとならんで高価なもので、
とても手がでない代物だったが、デジタル普及のおかげで、必要性が急浮上したことによ
り、手ごろな値段のものが出てきて、うれしい限りだ。おまけに、昔では信じられないくらい
よく寄れる。
普通のマクロ撮影は、それはそれで肉眼では確認しづらい細かなところまで見ることが
出来て、新しい発見があり、楽しいのだが、沢山撮っていると、同じような写真がどうしても
増えてしまう。広角を使ったマクロだと、ある程度背景が入るのでメリハリが出てくるし、
なにより、写真に興味のない人に見せたときに、総じてウケがいいのである。
もってない人はぜひ一本投入してお試しあれ。
[PR]

by spank5 | 2005-03-29 08:38 | 写真
2005年 03月 28日

節分草

c0075127_981574.jpg
c0075127_98303.jpg
c0075127_984458.jpg

ニコンD2H AFVR70~200mmf2.8 AF100mmマクロf2.8D

この花の名前をご存知だろうか。私は名前だけは知っていたが、今回初めて見た。
私の地方は旧暦で、ひな祭り、七夕などが行われるのだが、節分も1ヶ月遅れの
4月が本当のようである。なので、この時期にこの花が咲くのは季節どおりという
ことか。
今年初めてこの花の自生地を見つけたのだが、そこは、ある田舎の駅の真裏の
雑木林の中、地面に小さな花がひっそりと咲いていた。土手の上には国道が走り、
すぐそばは民家が沢山立っている場所で、今の時期にこうした花が満開でひっそり
咲いているのを見ると、春が来たことを実感できるものである。
しかし、D一桁のファインダーの切れの良さは、このような撮影のときに、とても助かるし、
レンジの狭いD2Hも、気をつけて撮ればなかなか良い色を出してくるじゃないか。
[PR]

by spank5 | 2005-03-28 09:34 | 写真
2005年 03月 26日

長らくアップしなくて失礼しました。

約1週間ほどアップせずに失礼しました。
当初は、仕事が急に忙しくなったのと、脱線する書き込みとで
少々やる気をなくし、なんとなくアップする機会をなくしておりました。
しかし、自分の写真をネットで公開すること、またそれをどこかの
第3者がみてくれることには、正直写真をとることへのやる気と意味
にも、自分の中では多少つながるものであり、先週末もアップの
ための写真撮影はしてきました。明日もまた季節の風景を収めて
くるつもりです。
一時は、閉鎖も考え、別のブログを立ち上げも考えましたが、
もうしばらくは続けてみることにします。
来週には、1週間のフラストレーションとともに何枚か写真をアップ
する予定です。
また、暇があったら覗いてやってください。
                                     管理人
[PR]

by spank5 | 2005-03-26 08:33 | 自分
2005年 03月 18日

ツクシ

c0075127_9121430.jpg

D70 AFマクロ105mmf2.8

うーむ、うすうす感ずいていたが、このヒット数の内訳は旧知のお方2名+W氏で
成り立っていたのか。その上、日に々連絡板化しているようだが、管理人としては、
善意有る第3者がいることを信じて、がんばるのだ。
さて、春といえば「花粉」の季節。私も数年前まですごい花粉症でなやまされていた
が、ここ数年ほとんど症状が出ない。理由はわからないが、一つ思い当たるのは、
ここ数年、意図的に嫁さんが私の嫌いなものを多く食べさせてきたこと。
「いも」「かぼちゃ」「豆」・・・花粉症の一番の特効薬はバランスの良い食事かもしれない。
邦さんが書き込んでくれたように、今週末は温かそうだ。こりゃ来週のネタを探しにでも
いかねばなるまいか。あ、お墓参りも忘れずに。
[PR]

by spank5 | 2005-03-18 09:29 | 写真
2005年 03月 17日

鴨 カモ かも KAMO

ひらがな、漢字、カタカナ・・・・こんだけ書いとけばヒット倍増か?
c0075127_8503984.jpg
c0075127_8505133.jpg
c0075127_851330.jpg
c0075127_8511385.jpg

D2H D70  AFVR70-200mm
さて、鴨だけど、身近にいる鳥では上位に入る鳥だが、意外に動きが早くて、被写体として
は結構難しいやつである。空中での方向転換もかなりタイトにこなすので、飛物の練習用
素材としては良いように思う。決まったときは結構面白い形で写りこんでいる。
ここ近年、様々な環境の変化によって、昔はいなかった鳥が身近に住み着くようになって
きた。鴨だって渡り鳥のはずが、年中いる。種類もマガモ、カルガモ、オシナガモ、ガン・・・
いっぱいいる。
内陸地でここのところ急速に数が増えているのが「カワウ」である。こいつはけっこう繁殖力
があり、社会問題にもなっているらしい。(糞害とか放流魚がみんな食われちゃうとかね) 
カワウは水鳥には珍しく、羽に油分を持っていないので、もぐって捕食したあと、必ず羽を広げて日向ぼっこしている。
この姿は結構まぬけなので、一度ご覧あれ。

お!気がつきゃ100ヒット超えてんじゃない!!
[PR]

by spank5 | 2005-03-17 09:05 | 写真
2005年 03月 16日

スキンを変えてみた

スキンを変えてみた。
やはり背景が暗いほうが写真がごまかせるな。
ここのブログ、容量はいたって小さいけど、スキンが充実しているのは美点。
使い勝手も初心者向き。
しかし30MBじゃすぐ一杯になっちゃうだろうな。
[PR]

by spank5 | 2005-03-16 14:42 | 雑感
2005年 03月 16日

オオイヌノフグリの横顔

c0075127_11571942.jpg

ドナドナしたミノルタA1
デジカメを使い出して、先ずハマったのは、マクロ撮影。特にコンシューマーに装備されて
いる、アングルファインダー(もしくはバリアングル画面)は便利なことこの上ない。
花は、その花の高さで撮るのが一番良いと言うけれど、これが以外に装備をちゃんとして
いないと難しいんだが、デジカメはそれを簡単ポンにしてしまった。
それにしても、デジタル化されて、カメラメーカーの勢力図は大きく変わってしまった。
ちかごろのミノルタは、レンズはあからさまにタムロン製だし、難産だった7Dは、どうやら
ぜんぜん売れていないらしい。
コンタックスは撤退し、ライカは深刻な経営困難だそうだ。写真の基本であるレンズの描写力
はすでに購買の動機としては意味を持たず、メーカーの生き残りを賭けた粗製濫造が加速化
している。
こんなことを書いている私もその片棒を担いでいる消費者の一人なのだが、今日取材にやって
きた年配のカメラマンの使い古されたF301とペンタの67が、妙にかっこよく見えてしまった。
最大購買層のカメラ好きのおっさんたちから、近頃の新商品スペックラッシュには、
そろそろ疲れたという声がでてきているが、
メーカーは今後どんな製品を出せば生き残れるんだろうか。開発者の苦労がしのばれる。
[PR]

by spank5 | 2005-03-16 12:35 | 写真
2005年 03月 16日

植物園の蝶

先月、地元の植物園が閉園してしまった。年中蝶が飛び交っており、
なにも被写体が見つからない、もしくは、時間がチョットしかないときに
お世話になっていたのに残念である。
c0075127_8411461.jpg

ずっと撮りたいと思いながら、満足いく写真が撮れていない被写体の一つが、
飛んでいる蝶の写真。それも、蝶に出来るだけよって動感ある写真を撮りたくて、
昨年の暮れに12mmなんていう広角を手にいれ、何度か挑戦したものの、やはり
強力なストロボでシンクロしないと、蝶が止まってくれず、マクロストロボを買うべきか
思案していた矢先のことだった。
これから温かくなるにつれ、身近に飛び物が出てくる季節になるので、今年は自然の
蝶やトンボや蜂を相手に一工夫ある写真を撮ってみたいと思っている。
しかし、はたから見ていれば、いいオヤジがノーファインダーでカメラを構えながら、
嬉々として蝶を追いかけている姿は、基本的に引くよな。たぶん。
[PR]

by spank5 | 2005-03-16 08:52 | 写真


    


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧